稲積梅の摘み取り始まりました

       

2019年6月19日より

稲積梅の摘み取りが始まりました。

 

 

例年と同じ量を収穫見込です。

稲積梅は、氷見あんしん食品の店の他、

県内スーパーで購入できます

今年の価格は、

・梅干しや梅酒用の正規品 700円/kg

・梅ジャムや梅肉エキス等の加工用規格外品梅 400円/kg 

です。規格外品は、氷見特産稲積梅生産組合直売所 あんしん食品 のみで購入出来ます。

 

1粒1粒梅の選別作業



昨年までは、生産組合のメンバーだけで行っていましたが、農家さんの高齢化、摘み取り作業の軽減化、更には稲積梅の栽培農家拡大を見越して、速川地区と農作業連携を行います。

一粒25g程度の梅を全て手摘み取り。秋には、稲積梅生産組合の人たちが速川でサツマイモ収穫のお手伝いします。

 

6月20日に参加した速川地区のスーパーガール いつも元気に、速川地域活性化に貢献しています。

 

作業中の会話では、梅の摘み取りが初めてな速川のおばちゃんたちは、沢山の実のついた稲積梅に感動と達成感でおおはしゃぎ。

「芋は、下向いてばかりの作業で梅は、上向いてばかりの作業で違うね」って言われてました。

また、お互いに作っている焼酎談話あり。

「速川は、芋焼酎で、稲積は、梅焼酎。」

氷見には、2つの地元産の焼酎があります。

ボランティアじゃなく作業賃金も支払いながらお互いの繁忙期を補う地域連携は、富山でも初の試みです。

このつながりが新たな農村のあり方になって、中山間地域の活性化、モデル化につなげていきたい。

 

メディア掲載

翌日6月20日の富山新聞社、北日本新聞社の朝刊にも掲載されました。

富山新聞社

 

北日本新聞社

 

シェア
Tweet